京都市の循環器科をお探しならもりした循環器科クリニック
HOME>検査の種類と内容

| 検査の種類と内容 |

心臓ドックに含まれる検査
心電図検査
心電図検査


※詳しくは「心臓ドッグについて」をご覧下さい。

 
心電図検査
心電図検査



心電図検査ベッド上に仰向けに安静にした状態で、心臓の電気的 活動をグラフに表したものです。左右手足4ヶ所、胸に6ヶ所の電極をつけて、心臓の電気的活動を12本のグラフで表します。不整脈や、心筋梗塞などの虚血性心疾患の診断に有用です。負荷のかかっていない心臓の状態をみていると考えられます。

心電図検査
心電図検査
 
 
正面と左側面を撮影します。
心臓の大きさ・形態、大動脈の太さ・走行、肺血管の状態を知ることができます。

心電図検査
心電図検査

 
心エコー検査心臓超音波検査法は、超音波を使って心臓の内部構造を探査する検査法です。超音波は生体内を直進する特質を持ち、内部構造の材質の違いにより、異なった反射を示す性質があります。

この性質を利用することにより、心臓をモニター上にリアルタイムに画像化して見ることができます。心臓の筋肉の分厚さ、筋肉の動き、弁の開閉、血栓の有無などが手に取るようにわかります。
心エコーには、M-モード法、B-モード法。ドプラー法などの画像構成法があり、特にドプラー法は、血流をカラーで表示でき、心臓内腔の血流や弁の逆流を定量的に評価することにより、心臓弁膜症の診断に役立っています。

心電図検査
心電図検査
 
 
貧血、肝臓の異常、腎臓の異常、脂質異常症、糖尿病などの
危険因子を調べることができます。

心電図検査
心電図検査
 

身長、体重、体脂肪率、BMI、筋肉量、ウエストヒップ比
浮腫値、内臓脂肪レベル、細胞内水分、細胞外水分などを知ることができます。

心電図検査
心電図検査
 
 
血管を伝わる脈波の速度や、腕と足首の血圧の比を測定し、
血管壁の硬さや下肢の血管の狭窄の有無を調べます。

心電図検査
   
動脈硬化、心筋梗塞、脳梗塞、糖尿病など生活習慣病発症の要因の一つとして「遺伝子的要素」があげられます。遺伝子診断では、少量の採血により、生活習慣病に関する8つの体質(肥満/脂質/血栓/骨/炎症・免疫/血圧・血管/インスリン抵抗剤 /酸化ストレス・エイジング)について60種類の遺伝子を検査し、自分がどのような要素を持っているかを調べる事が出来ます。

生活習慣と体調からリスクを予測し、生活習慣の改善や体質に合った運動・栄養法を知ることが出来ます。また、動脈硬化・心筋梗塞・脳梗塞・糖尿病腎症・糖尿病網膜症について、発症・進展予防に向けた対処法を提案致します。生涯変わらない遺伝子を調べて健康生活をはじめましょう。